ファーストフードのレジはオドオドしてしまう自分には合わない仕事でした

高校生の頃は、バイトが禁止だったので・・・卒業したらすぐアルバイトをしてみたいと考えていました。幼馴染と一緒に面接を受け受かり、私にとっての初めてのアルバイトは「ロッテリア」でした。

多分萎縮しすぎていたのでしょう、声もオドオド。その上、レジのボタン(ハンバーガーの種類とかボタンがあるんです)を探すのにアタフタ。

ああ、向いてないな・・・と仕事を始めてすぐに感じました。それでも続けてみないと、ということでしばらく続けたのですが、トロくさい私はなかなか慣れることができず、今思うと、落ち着いてやればそんなに難しくない仕事なんですけどね、すごく難しい仕事に思えて常にテンパってしまっていました。

それなのでそんなに長く続くことはなく。確か・・・2ヶ月後くらいだったかなと思います。どうにも頑張れなくなってしまい、辞めてしまいました。シフトも自由がきいたし、いい仕事だったと思うんですけどね。

オドオドしてしまう自分には合わない仕事だったようです。あと、トロくさいから・・・ダメだったんだと思います。制服に憧れた部分と、やってみたい、という意欲と、そういうのを全てひっくるめてあの仕事を選んだんですが、やりたい=やれる というわけではないこと、

自分に合っているかどうかをもっと考えた上で選ぶべきだということ、これらのことを初めてのアルバイトで学びました。短い期間で辞めてしまうのはものすごく迷惑をかける、ということも学びましたね。

せっかく教育してもらったのに、本当に申し訳なかったな、と今でも反省しています。そんなこんなで、私の初めてのアルバイトは「失敗」でした。

あと、私の個人的なオススメバイトとしては

大学生におすすめのバイト
①本屋
「商品の陳列やレジ打ちなどアルバイトの基本的なことが学べる」「コンビニと比べると特に難しい仕事がない」などの理由からアルバイト先として人気です。また、様々な本に出合うことができ、勉強が必要な大学生向けのバイト先だといえます。

②漫画喫茶、インターネットカフェ
「漫画読み放題で楽しい」
「地方の漫画喫茶なら深夜の時間帯はほとんどすることがない」などの理由からアルバイト先として人気です。勤務中に漫画を読むのはどうかという意見もありますが、お客さんにおすすめを聞かれたりすることもあるので、お店によって許可してるところもあるそうです。
マンガ好きな人が集まるので趣味の合う仲間と出会えそうなのもいいですね。

③塾講師 家庭教師
「大学生といえばもう大人です。まだまだ学ぶことは多いけれども、教える側にも回ってみたい」「子供のころの教育の復習も兼ねたい」などの理由からアルバイト先として人気です。時給がよく、また小中学生のころの勉強の復習もできるというのが大学生にとって人気のようです。

④カフェ
「音楽を聴きながらゆったりと仕事ができる」「カフェの雰囲気で働けるなんて素敵」などの理由からアルバイト先として人気です。おいしいにおいや素敵な音楽に囲まれて仕事ができるので人気のようですね。

初アルバイトは高校生の夏休みにホテルの清掃員

初めてのアルバイトは、高校生の頃の夏休みに経験したホテルの清掃員です。
地元が観光地でもあり、シーズンになると同級生や先輩たちも多くアルバイトをしていました。片道2キロの道を歩いて通っていました。
親の手伝いをしたことはあってもお給料をもらう仕事は初めてで、おろおろしながらやっていたのを覚えています。アルバイトをまとめていた主任はちょっとチャライ感じの大学生でした。
主任に失敗をしては毎日のように怒られていました。
アルバイト最後の日、お客さんが、「出かけている間部屋の掃除をしてほしい」と言われ、主任が「ニヒャクゴウ掃除してきて」と私に支持しました。
いつも掃除が遅いと言われていた私は、急いで掃除道具を抱えて部屋に行きました。するとまだお客様が部屋にいました。

(さらに…)

学校よりも楽しかったコンビニのアルバイト

私が生まれて初めてアルバイトしたのは、高校の時の学校からちょっと離れた場所にあるコンビニのスタッフでした。
コンビニのシフトは夕方17時から夜22時までの所が多かったのですが、アルバイト先のアルバイトは夜20時までというシフトで、帰宅もあまり遅くならないという事で親も承諾してくれたのです。
初めてのアルバイトという事で、社会で初めて働くという事自体緊張というか不安で一杯でしたが、店長を始め、同じアルバイトのスタッフも皆優しく色々丁寧に教えてもらえたので、入る前に抱いていた不安は無くなりました。
私が入ったコンビニは、音楽大学の近くという事で、連日多くの学生で賑わっていました。コンビニのレジは普通は2台かせいぜい3台ぐらいなのですが、そのお店は4台もレジがあって、大学でコンサート等の行事がある時には夕方のスーパー並みに凄い大行列で大忙しでした。

(さらに…)

初めてのバイトは高校の時にファーストフードで『いらっしゃいませ』

高校生のアルバイトといえばやっぱりファーストフード店ではないでしょうか?
バイトを探す基準は時給が高いことや出会いがあることの他にも、特に女の子の場合はユニフォームが可愛いことも含まれると思います。
スーパーのレジ打ちやホームセンターなどではエプロンを付けるだけの所が多いように思いますが、ファーストフード店はどこも可愛い服を着ているので、アルバイト先として候補にあげやすいと思います。
私がよく行くお店では毎年新しいバイトの子が入ってきているみたいです。
先輩に教えてもらいながら接客をしている姿は自分の娘を旅に出した親のような気持ちです。

(さらに…)

大学の時に塾のバイトでお金をもらうことの厳しさを感じた

私は大学一年生の時に初めてアルバイトをしました。それは塾での個別指導の仕事で、塾の教室を借りて講師一人で生徒1~2人を個別に指導するといった内容の仕事でした。
通常は20人ぐらいの子どもを一斉に教えるものが主流だと思うのですが、この個別指導は勉強を個別に理解した方が良いとされる子が多く通っていて、主に中学生を担当していました。
中学生の国語、英語の勉強を教えましたが、公立中学校で1~3ぐらいの成績をとっている子が多かったために、どう噛み砕いて良いのかとても苦労をしました。
定期テストに向けて学習をしていくのですが、一生懸命に教えたにも関わらず、結果が出ずに成績が上がらなかった時には、自分のふがいなさも感じました。
自分は勉強は苦手ではなかったのですが、人に教えるということの難しさを感じました。

(さらに…)